So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

日本国憲法は市民憲法ではない [憲法]

日本国憲法の最も大きな問題は、これが市民憲法ではない点にあると思う。

現在の憲法は、第二次大戦後にGHQが起草したものを日本政府が受け入れただけであって、市民(有権者)の投票行動による信任(改正など)を、一度も受けていない。

つまり、日本国民は、現在の憲法を信任していることを、有権者の投票行動で、はっきりと示したことがないのだ。その上で論議を重ねてることは、滑稽ですらある。

それを“憲法を守ろう!”みたいな人たちが、現在の憲法を後生大事に祭り上げて、少しも手を入れてはならないとしていることは、彼らは返って、超保守主義だと言わざるをえない。

現在の憲法、9条が論点であるのは認めるが、せめて、前文の一行だけでも、我々の市民の力(投票行動)を経て改正(信任)する必要がないだろうか。
タグ:憲法 改正
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。