So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

“平和憲法” なんてない [憲法]

日本国憲法のことを「平和憲法」と呼ぶ人たちがいるが、どこの国の憲法だって「平和を希求する」という基本では「平和憲法」だ。

日本だけが平和憲法だと呼びたがる人の根拠は、日本が戦争放棄をしているだからと言う。

ところが日本政府は、自衛のための戦闘行為は事実上、認めている。

つまり、自衛戦争ならば、戦争をしてもいい、という解釈だ。

ここにおいて、「日本の平和憲法は」、その言い方の根拠を失う。

そもそも、自衛隊は世界の常識から見て明らかに「軍隊」だ。

これは戦力保持の否定を謳う憲法9条に明らかに違反する。

この齟齬を解決するには、憲法9条で軍隊の保持を明記するか、自衛隊を全廃するしかない。

さて、どちらが、現在の情勢において、現実的だろうか。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。